読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどゐ。

~ おもゐを嗣ぎ、おもゐを纏ひ、おもゐを遣る ~ 

【老子道徳経 第四十六章】 足るを知る

 

【今日のこよみ】 旧暦2014年 3月11日 先勝  四緑木星

         辛亥 日/己巳 月/甲午 年 月相 10.3 

         清明 次候 鴻雁北(こうがんかえる)     

 

 【今日の気象】 天気 晴れ 気温 12.3℃ 湿度 55% (大阪 6:00時点)  

 

 

 

天下有道、却走馬以糞、天下無道、戎馬生於郊。

 

罪莫大於可欲、禍莫大於不知足、咎莫惨於欲得。

 

故知足之足、常足矣。

 

 

 

【書き下し文】

 

天下に道有れば、走馬を却(しりぞ)けて以(も)って糞(ふん)し、天下に道無なければ、戎馬(じゅうば)郊(こう)に生ず。

 

罪は欲すべきより大なるは莫(な)く、禍(わざわ)いは足るを知らざるより大なるは莫く、咎(とが)は得るを欲するより惨(いたま)しきは莫し。

 

故に足るを知るの足るは、常に足る。

 

 

 

 

【私的解釈】

 

世の中に道があれば、戦争に使用する早馬が不要となって、ただの家畜となり、世の中に道が無ければ、軍馬が城下で飼育されることとなる。

 

過剰な欲望ほど罪深いことはなく、足るを知らないことほど禍することはなく、手に入れることを目的とすることほど惨めなことはない。

 

だからこそ、人は、「足るを知る」ということを実感してこそ、いつも満足に浸ることが出来るのだ。

 

 

【雑感】

 

件のSTAP細胞の会見を見て思った。

 

会ったこともなく、これからも会うことも無いであろう人に対して感情を振り回されることが、どれだけエネルギーの無駄遣いであるかを。このエネルギーを毎日顔を合わせる身近な人々との絆を深くする方へ注ぐべきなんだと自戒した。

 

 


小保方晴子氏、記者会見で泣きかけながら謝罪 声明全内容 - YouTube

 

専門家「200回以上作製」信用できない

4月9日 17時27分

 

STAP細胞を巡る問題で、理化学研究所小保方晴子研究ユニットリーダーは9日、記者会見し、論文に疑念が持たれていることについて謝罪した一方、「STAP細胞は200回以上作製に成功している」と述べました。


これについて、専門家の1人は「手順が踏まれていないなかでは、小保方氏が成功したと言っても科学者の世界では信用できる話ではない」などと指摘しています。

 

「すべての証拠を示し発表する必要」

日本分子生物学会副理事長で研究不正の問題に詳しい九州大学の中山敬一教授は、小保方リーダーが会見の中で、「STAP細胞の作製に200回以上成功している」と述べたことについて、「作製に成功したというには、すべての証拠を示し正確な論文として発表する必要がある。こうした手順が踏まれていないなかでは、小保方氏が成功したと言っても、科学者の世界では信用できる話ではない」と指摘しています。


また、小保方リーダーが会見で「ねつ造」と認定された点に対して、「本物の画像については調査委員会に提出した実験ノートにも記載してある」と話したことについて、中山教授は、「実験ノートに記載されていたとしても、それが第三者が見て分かる形で書かれていなければ十分な証拠とはいえない。日付などの基本的な情報とともに、自分だけでなく第三者にも分かるように実験ノートを書くことは科学者としての基本だ」としていずれも本人の証言だけでは科学的には信用されないと指摘しています。

 

「かなり強引な主張」

研究不正の問題に詳しい大阪大学の中村征樹准教授は、小保方リーダーが理化学研究所調査委員会から「改ざん」と認定された実験結果の写真の切り貼りについて、「画像を見やすくするために一部を挿入したが、正しい実験結果があるので『改ざん』には当たらない」と主張していることについて、「実験データに切り貼りを加えることは、科学的な結果の信頼性を担保するという点で問題がある。この状況で『改ざんではない』というのはかなり強引な主張だ」と指摘しています。


また、小保方リーダーが画像のねつ造と認定された点に対し、「正しい写真も存在しているので、研究不正の次元ではない」と主張していることについて、「科学的感覚からするとかなり無理のある論理だ」と述べています。


一方で、中村准教授は理化学研究所の調査について、「急いで行われたことによる不十分さが、小保方リーダーの主張が一般に真実と受け入れられる一因にもなっていると考えられる」として調査に課題があると指摘しています。

専門家「200回以上作製」信用できない NHKニュース

 

専門家は、科学の世界のルールに照らせば、小保方氏の主張は到底納得出来るものではないという意見である。

 

一方、昨日の会見の意識調査を見ると、

 

小保方リーダーの会見に納得?

 

  • 納得できなかった41,846
  • 納得した38,387
  • 見ていない11,018
  • 内容が分からなかった9,846

小保方リーダーの会見に納得? - Yahoo!ニュース 意識調査

 

納得したという意見が多く、意識が見事に割れているのである。

 

本当のところは本人の心の内にしかない。

 

では、こういう場合、自分のような外野は小保方さんに向けてどのようなおもゐを抱けば良いのであろうか。

 

「彼女は嘘を言って、私達を欺こうとしているに違いない」

「彼女の言っていることは本心に違いない」

 

恐らく、これらの2通りのおもゐのどちらかを抱くことになると思う。

 

こういう時、外野は無条件で「彼女の言っていることは本心に違いない」と思えば良いのだと思う。

 

事実は時が経てば明らかになるのだから。そして、その事実によっておもゐが裏切られたとしても「ああ。残念」の一言で済んでしまうのだから。

 

老子は言う。

信なる者は吾(わ)れこれを信じ、不信なる者も吾れまたこれを信じて、信を徳(う)」

(信用される人を私は信じ、信用されない人も私は信用する。だから私の周りは信用される人が集う)

 と。

 

「私はどんな人でも信用する。だから、私の周りには人から信用される人達しか居ないのだ」と言い放つ人間の器は底抜けなのだ。

 

 

 


WSJ-09-008 遥か/GReeeeN(吹奏楽J-POP) - YouTube

  

窓から流れる景色変わらない
この町旅立つ
春風舞い散るさくら
憧ればかり強くなっていく

どれだけ寂しくても
自分で決めた道信じて
手紙の最後の行があいつらしくて笑える

「誰かに嘘をつくような人になってくれるな」父の願いと
「傷ついたって笑い飛ばして。傷つけるより全然いいね」母の愛

あの空流れる雲思い出すあの頃の僕は
人の痛みに気づかず情けない弱さを隠していた
気づけばいつも誰かに支えられ、ここまで歩いた
だから今度は自分が誰かを支えられるように


「まっすぐ見上げ。よそ見はするな。へたくそでいい」父の笑顔と
信じることは簡単な事。疑うよりも気持ちがいいね母の涙

サヨナラ
また会える日まで不安と期待を背負って
必ず夢を叶えて笑顔で帰るために
本当の強さ
本当の自由
本当の愛と
本当の優しさ
わからないまま進めないから自分探すと心に決めた

春風思い届けて涙を優しく包んで
必ず夢を叶えて
笑顔で帰るために

サヨナラ
叱られることも少なく
なってゆくけれど
いつでもそばにいるから
笑顔で帰るから

どれだけ淋しくても
僕らは歩き続ける

必ず帰るから

思いが風に舞う
あなたの誇りになる

いざ行こう