読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどゐ。

~ おもゐを嗣ぎ、おもゐを纏ひ、おもゐを遣る ~ 

『しあわせのタルトタタンを作る』の巻

今日のこよみ】 旧暦2013年10月18日先負  五黄土星 

        癸寅 日/癸亥 月/癸巳 年 月相 16

                   立冬 末候 金盞香(きんせんかさく)   

 

初冬にはいり、行きつけのスーパーの棚に紅玉がいつも目につくようになると、タルトタタンが無性に食べたくなるんです。 

で、今季お初のタルトタタン。もう、気合いをいれちゃって、この4玉マルマル使ってみる。

 

 

 

まずは、土台となるタルト生地を作る(冷凍食品のパイ生地を買ってきてもいいんだけど、私はあの中に練り込まれているアブラを信用していないんで手作りします)。

 

 

レシピは、今回、こやつで初挑戦! 

タタン姉妹のタルトタタン| レシピ | NHK「グレーテルのかまど」 

(ええっ!このレシピは、リンゴ10個も使うのかぃ!すごすぎ!!)

 

 

 

 

  ① まず、フードプロセッサーに分量の薄力粉・無塩バター・塩を入れて、ガァー

  ツと回す。(フープロが無ければボウルに振るった薄力粉と無塩バターを入れて

  手こねでもオッケー)

  

 

 

   ② 次にレシピの卵黄液を入れて、こんな具合になるまでガァーツと回す。 

 

 

 

 

  ③ 混ざったら、ラップで包み込んでまとめちゃいます。で、冷蔵庫に入れて休ま

   せる。

 

 

 ④ リンゴを切る。通常は、リンゴの皮をむくみたいだけど、私は皮の食感も好き

  なんで、いつも皮つき。だから4等分ではなくて8等分に切り分けた。

 

 

 

 

  ⑤ 鍋にバター(リンゴ重量の1/3で30g)と砂糖(リンゴ重量の1割で90g)とリンゴ

  を投入。

 

 

 

 ⑥ 蓋をして弱火で煮る。

 

 

 

 

 ⑦ まだまだ煮る。ムッチャいいニオイ♬

 

 

 

 

 ⑧ こんな感じに煮詰まって来ます。

 

 

 ⑨ オーブンシートを敷いた型に、形が崩れていないリンゴを外側にして敷き詰めて

  いく。 

 

 

 

 ⑩ 鍋にお好みの洋酒(カルバトスを使用。ラム、ブランデーでもおいしそう

  です)を適量入れて、こびりついたカラメルをそぎ落とす。

 

 

 

 ⑪ ⑩のソースを残さず、型に流し入れ、ここでシナモンを全体にふりかけて、180

  度に予熱したオーブンに投入して、45分焼く。

 

 

 

 ⑫ 焼いている間に、休ませていたタルト生地を取り出し、めん棒で伸ばす。

 

 

 

 ⑬ 型の大きさに切り取り、冷蔵庫で再び休ませる。

 

 

 

 

 ⑭ イイ感じに焼き上がりましたョ。

 

 

 

 

 ⑮ 冷蔵庫で休ませていた生地を取り出し、フォークで穴を開ける。

 

 

 

 

 ⑯ 型の上に生地をのせて、再び180度のオーブンで40分焼く。

 

 

 

 

 ⑰ 焼き上がり♬ 残念なことに、底が抜ける型だった為、多量のカラメルが外に

  流れ出す事態に。。。もったいなぃ!

 

 

 

 

 

 ⑱ 完成です♬ レシピには、ひっくり返して型に入れたまま一晩かけて冷ますと

  ありましたが、そんなに待ってられないのでエイヤッと型を外しちゃいました。

  もう、夕食前だけど、食べちゃいましょう!

 

 

 

 

 ⑳ 温かいタルトタタンと冷たいアイスクリームの組み合わせは最強です♬

  やっぱり、タルトタタンは出来たてのアツアツが私の好みです。

 

 

 

今回作ったタルトタタンのレシピは、おいしく出来て良かった、良かった。

 

今回、カラメルのほとんどが外に流出してしまいましたが、次は、焦げる寸前のカラメルがからまった、至高のタルトタタンを目指して頑張ろう、と思う。