読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどゐ。

~ おもゐを嗣ぎ、おもゐを纏ひ、おもゐを遣る ~ 

【老子道徳経 第四十四章】 安心の秘訣

 

【今日のこよみ】 旧暦2014年 3月 9日 大安  四緑木星

         己酉 日/己巳 月/甲午 年 月相 8.3 

         清明 初候 玄鳥至(つばめきたる)    

 

 【今日の気象】 天気 晴れ 気温 7.1℃ 湿度 62% (大阪 6:00時点)  

 

 

名與身孰親。

 

身與貨孰多。

 

得與亡孰病。

 

是故甚愛必大費、多藏必厚亡。

 

知足不辱、知止不殆、可以長久。

 

 

 

 

 

【書き下し文】

 

名と身と孰(いず)れか親しき、身と貨と孰れか多(まさ)れる。

 

得ると亡(うしな)うと孰れか病(うれい)ある。

 

この故(ゆえ)に甚(はなは)だ愛(おし)めば必ず大いに費(つい)え、多く蔵(ぞう)すれば必ず厚く亡う。

 

足るを知れば辱(はずか)しめられず、止(とど)まるを知れば殆(あや)うからず。以(も)って長久なるべし。

 

 

 

 

 

【私的解釈】

 

名誉と命、どちらが重要なのか?命とお金、どちらが大事なのか?

 

手に入れるのと手から離れるのとでは、どちらが苦しみとなるのだろうか?

 

ひどくケチれば必ず大損をし、ひどく貯め込めば必ずたくさん失う。

 

現状で満足していれば、恥ずかしい思いをしなくてもよく、ほどほどを知れば、危険にさらされることもない。この心がけで安心が続くのだ。

 

 

 

 

【雑感】 

 


Aralka - やさしさに包まれたなら (荒井由実) - YouTube

 

小さい頃は神さまがいて不思議に夢をかなえてくれた

やさしい気持で目覚めた朝は

おとなになっても奇蹟はおこるよ

カーテンを開いて静かな木洩れ陽のやさしさに包まれたなら

きっと目にうつる全てのことはメッセージ


小さい頃は神さまがいて毎日愛を届けてくれた

心の奥にしまい忘れた大切な箱ひらくときは今

雨上がりの庭でくちなしの香りのやさしさに包まれたなら

きっと目にうつる全てのことはメッセージ

 

カーテンを開いて静かな木洩れ陽のやさしさに包まれたなら

きっと目にうつる全てのことはメッセージ

 

 

 

世の中はやさしさで溢れている。

毎日、私に降り注ぐやさしさのシャワーを体に浴びて、感謝しながら道を行く