読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどゐ。

~ おもゐを嗣ぎ、おもゐを纏ひ、おもゐを遣る ~ 

【老子道徳経 第二十四章】 食い散らかす贅沢

【今日のこよみ】 旧暦2014年1月1日先勝  四緑木星

         壬寅 日/丙寅 月/甲午 年 月相 0 新月

         大寒 末候 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)      

 

 【今日の気象】  天気 晴れ 気温 10.2℃ 湿度 69%  

(大阪 6:00時点)    

 

 

跂者不立、跨者不行。

 

自見者不明、自是者不彰。自伐者無功、自矜者不長。

 

其於道也、曰餘食贅行。

 

物或惡之、故有道者不處。

 

 

 

【書き下し文】

 

跂(つまだ)つ者は立たず、跨(また)ぐ者は行かず。

 

自ら見(あら)わす者は明らかならず、自ら是(よし)とする者は彰(あら)われず。自ら伐(ほこ)る者は功なく、自ら矜(ほこ)る者は長(ひさ)しからず。

 

その道に於(お)けるや、余食贅行(よしぜいこう)と曰(い)う。

 

物或いはこれを悪(にく)む、故に有道の者は処(お)らず。

 

 

 

 

【私的解釈】

 

つま先立ちでは長く立ち続けることができないし、大股歩きでは遠くへ行き着くことができない。

 

自分から目立とうとしても受け入れられず、自画自賛する者は冷笑され、自慢する者は損をし、思い上がる者が長きに渡って慕われることはない。

 

これらは道において、「食い散らかす贅沢」という。

 

欲望を満たし続ける行為は嫌悪されるものであるから、道に添う者はこのような行為をしないのである。

 

 

【雑感】

 


2014年1月新水曜ドラマ「明日、ママがいない」 - YouTube

 

 色々問題となっています。

 

このドラマに連なったスポンサー企業の卑劣さ加減に情けなくなったので備忘録としてここに記します。

 

産経ニュースによると顛末は、

 

第二話放送前、

児童養護施設を舞台にした日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」が波紋を広げている。施設職員が児童に暴言を吐くなどの内容に関係団体が相次いで抗議。22日に放送された第2話では一部スポンサーがCM放送を見合わせた。一方で「最後まで放送すべきだ」という声もあり、フィクションの“自由”をめぐる賛否は分かれている。 

ドラマは15日の初回で提供スポンサー8社を画面で紹介したが、第2話ではスポンサー名の紹介はなかった。エバラ食品工業、JX日鉱日石エネルギー、キユーピーの3社はCM放送を見合わせ、ACジャパン(旧公共広告機構)の公共CMに差し替えた。 

いずれも「視聴者や関係者の意見を考慮し総合的に判断した」と説明。担当者の一人は「ドラマへの厳しい意見が多かった」と明かす。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140124/ent14012408090003-n1.htm

 

第三話放送前、 

児童養護施設を舞台にした日本テレビ系の連続ドラマ「明日、ママがいない」で、新たに番組スポンサー2社がCM放送を見合わせることが24日、分かった。CM見合わせは計5社となった。

29日放送の第3話から新たにCMを見合わせるのは日清食品富士重工業

両社とも「お客さまの反応を考慮した」としている。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140125/trd14012506460000-n1.htm

 

 日本テレビ系連続ドラマ「明日、ママがいない」が児童養護施設の団体などから批判されている問題で、29日放送の第3話でスポンサー8社全てがCM放送を見合わせることが27日、分かった。

日テレの大久保好男社長は同日の定例会見で、当初の予定通り全9話を放送する意向を表明したが、CMが全てACジャパンの公共CMに差し替えられる異例の事態となる。

27日に新たにCM放送見合わせを発表したのは三菱地所花王小林製薬の3社。「CMを放送する環境にないと判断した」(花王)などと理由を説明している。各社のスポンサー契約自体は継続する。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140127/ent14012723530015-n1.htm

 

このドラマのスポンサー企業は、 

 

そして、

第一話では全社のCM放送

 

第二話では日清食品富士重工業三菱地所花王小林製薬がCMを放送するものの社名の告知を行わず

 

第三話では、まず日清食品富士重工業がCM放送を見合わせることを決定し、その三日後に三菱地所花王小林製薬もCMを見合わせることを決定。そして、全社ともスポンサー契約は継続する

 

という時系列。

 

 

世間がうるさいからしばらく待避するわ。CM料金は払うけど、CMは放送せんといて。

 

ってところですかね。

 

また、現時点で今回の騒動に対して会社の意見を述べている企業は無し。

 

 

消費者の一人としては、

 

このドラマにお金を出すことを決めた理由

児童養護施設を取り巻く問題について企業としてどのように考えているのか?

 

を聞いてみたいです。

 

問題が起こったら無責任に逃げ出したり、形だけの謝罪で済ます会社ではなく、きちんと意見を述べて問題に向き合う会社の商品やサービスを購入したいと思う。

 

今後、上記の企業が、児童養護施設の取り巻く問題に光をあてたというニュースがもたらせるのを期待したいです。

 

※備忘録

「明日、ママがいない」放送にあたりまして - 熊本県熊本市 | 産婦人科 無痛分娩 小児科 慈恵病院